· 

透明な視点

ヨガの視点は、
ポジティブでもネガティブでもありません。
-ど真ん中-
と私はよく表現します。



要するに、
起こっている出来事を脚色しない。
色眼鏡で見ない。
白黒つけるのではなく、透明な視点です。



透明=クリア
何からも影響も受けない。
自分の偏見や思い込みすら手放されている。
「ただ、起こっている」
そんな冷静で客観的な視点です。



ありのままに物事を見れるようになるには、
先ずはありのままに自分を見ることがスタートです。



ポジティブに捉えることもなく、
ネガティブに捉えることもない。
ジャッジメントを超えた「そのままの自分」を、しっかりと受けとめていく。
そのための練習こそが#yoga 。



自分を理解する。
とても難しいですが、それを避けていたらいつまでも前に進めません。



見ないふりをしても、なかなか拭えないその違和感や居心地の悪さ。
自分らしく生きられない苦しさ。
それは、周りのせいではありません。
あなたがあなた自身をちゃんと見つけてあげないから。
いつまでも自分を勝手に脚色して余計な演出をしているから。



だから、少しずつ始めてみてください。
透明になる練習を。



そして気付いてください。
何者かにならなくても、既にあなたはずっと今まで「自分自身」でしかあり得なかったという事実を。



「私は私以外の何者にもなれない」と、
観念して全てを手放せた時、
反比例するように全てが与えられます。




kayo