· 

安全なヨガの為に。

指導者の制止や禁忌を聞き入れず、
それでも自分がポーズをしたがっている時、
ポーズに取り組む以前の課題として、
先ず自分のエゴイスティックな態度に気付かなければなりません。
もちろん、ある特定の体の症状があったとしても、例外的にポーズが可能な場合もあるかもしれない。
でも指導者は、あなたが受け入れなければならない自分の個性と向き合わせる為に、
『そのポーズをさせない』
という決断をしています。
そして何より、安全にヨガを練習して欲しいから。
指導者はポーズのプロセスも考えに考え抜いて、
『今のあなたは、これ以上はダメだよ』
とポーズを取り上げることもあります。
プロセスをスキップさせることは無いのです。
昨日は久しぶりにある先生のクラスに参加しました。
中級クラスのとても厳しい先生です。
ステップを丁寧に準備してくれていて、
理解の深まる素晴らしいクラスでした。
その先生は、
プロセスを無視して自己流にポーズをしようとしたり、
指導者の注意事項をしっかり聞いていない生徒に対して、厳しく指導していました。
生徒の『体』ではなく『心』を見ているのです。
 
私はとても共感しました。
何故なら、形だけに囚われた自己流ヨガは本当に危険だからです。
そしてその後に受けたsafe yoga studyの講義で、ヨガが原因の怪我で、最悪の場合大きく人生が変わってしまう様な深刻な事例も報告されている事。
ヨガを怖がり過ぎるのも良くないけれど、
私自身もヨガで怪我をしたことがある分、
もっと真剣に向き合わなければなりません。

 

 

本当に本当にヨガが大好きだから。
そしてこれからもずっとヨガが続いて行くように。
私を含め指導者には、より良い形でヨガを提供する為の大きな責任が伴います。
指導者としてのたくさんの思いを深く深く刻み込む素晴らしい機会でした。
また明日からのクラスを頑張りますね!
kayo